就職面接の際に抑えておきたい最低限のマナー

>

就職面接で失敗したくないあなたへ

印象を良くアピールするために

就職面接においては、人としての価値を値踏みされるような感覚になってしまうような時もあり、面接に臨む側としてはあまりいい気分ではありませんね。
しかし、採用する企業からすれば、会社の宝ともいうべき貴重な人材を選ぶのですから真剣に吟味するのも当然なのです。
新卒者を採用するために、どの企業もかなりの時間と予算をとって採用活動を行っています。
時には、意地悪な質問をされるかもしれませんし、学生の素の部分を見たいがために意表をつくような思いもよらぬ質問が飛んでくるかもしれません。
まずは、何を言われても聞かれても、自分の思う事が相手にきちんと伝わるように誠意を持って答えましょう。
間違っても、逆ギレなどしてはいけません。
その時点で、自分の面接は終わったと思いましょう。

自分がその企業にあっているか分析する

企業側としては優秀な人材を採用したいと意気込んでいると思いますが、単に優秀であるとひとくちに言っても、企業にはそれぞれ会社のカラーや方針がありますので、本来は企業側が求める人材も違っています。
忍耐力があり、複雑な業務を最後まで粘り強く遂行できる人が向いているのか、接客業に向いている明るくてハキハキと受け答えができて、嫌なことを言われても気にせずにやり過ごせるような人を採りたいのか?
同じ業界においてもその会社によって雰囲気が違うので、自分が受けたい業界や企業に自分の雰囲気や性格があっているか?まず情報を収集して分析してから面接に望みましょう。
また、面接を受けることになった場合は、その会社の情報は必ずチェックして、(例えば、社長の名前、所在地、業務携帯や仕事内容、会社の基本理念)などを頭にいれておきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ