就職面接の際に抑えておきたい最低限のマナー

就職面接の際に抑えておきたい最低限のマナー

就職面接は緊張の連続

みなさん、就職面接を受けた経験はありますか?
社会に出て働いている方は殆ど面接を経験している事と思います。
応募している企業や職種が自分の希望にかなったドンピシャな仕事であるほど、プレッシャーで緊張してしまったり、うまくできずに落ち込んだりすることもあるでしょう。
担当者との会話のリズムが合わなくて、なんだか本来の自分が出せなかった、なんて思うことってありますよね。
不思議なことですが、そんなひとつひとつの出来事も全てはご縁です。
全力を尽くしたのに自分が熱望した職種につけなかったとしても、それがご縁だったんだと思うようにしましょう。
人生には色々な出来事があります。
思うようにいかない事でも、前向きに頑張っていれば何か違う方向から運が舞い込むこともあります。
時には、自分の力で運命を切り開く努力をする事も大事ですが、時には流れに身をまかせる瞬間があっても悪くないかもしれません。
それはさておき、就職面接の際はどのような点に気をつけたら良いのでしょうか?
社会人として、最低限守っておかなくてはいけないマナーがありますね。
まずは人として基本的な、挨拶や敬語の使い方、話を聞く時には人の目をみて聞く、などがありますね。
こんな事は、面接に際してではなく子供のうちから何度も繰り返して言われきた事と思います。
基本的な事をおろそかにして、この人は基本がなっていない、と思われないようにしましょう。
中途採用や特殊な技能を必要とする職種の場合は別ですが、新卒の学生が受けるような通常の求人募集において、知識や技術、学歴はあまり重要ではありません。
(学歴はちょっとあるかもしれませんが、年々学歴を重要視しない方向に向かっています)
むしろ、その学生の性格や人物を見て、将来一緒に働きたいと思うかどうか、採用担当者は見ています。

就職面接で失敗したくないあなたへ

就職面接は、今まで学生として何の制約も受けず自由に生活してきて初めて通る厳しい試練になりますね。 受験の時は、とにかく実力さえあればよかったので、ひたすら勉強だけに集中していればいいものでした。 しかし、就職面接は人間力が試される場であります。

人としてのマナーがなっているか?

面接の場では、自分をアピールすることはもちろん大切ですが、面接官はそれ以外にも色々な点をチェックしています。 単に優秀であれば良いというわけではありません。 これから職場で一緒に働くことになるかもしれない人を採用するわけですから、人としてきちんと常識があるかどうかについても目を光らせています。

緊張していても見る人には分かる人間性

面接の場においては、誰しも緊張して100パーセントの自分を出し切るということはできないと思います。 しかし、そんな緊張している場だからこそ、そこからのぞき見える人間性に面接官は目を光らせています。 そして、企業に入社した場合に会社の雰囲気に合いそうか、様々な観点から見ています。